猫の病気を発見するポイント

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

ペットの病気は飼い主さんが早期発見してあげなければいけません。チェックポイントを紹介します。

STEP1体を触ると痛がらないか、シコリがないかなどをチェック

しこりは、脂肪のかたまりの場合もありますが、最悪の場合ガンの可能性もあります。

STEP2お腹が硬く、腸が詰まっている感じはないか

十分な水分をあたえ、バターや牛乳を少量なめさせたり、おなかを優しく“の”の字にマッサージしてあげれば便通がスムーズになり、治ることもあります。
何もせず、そのままにしていると、症状が重くなり巨大結腸症になり手術が必要になることもあります。

STEP3口臭がしたり、ヨダレが出たりします。

歯周病や口内炎などの病気になると、ご飯を食べるのを痛そうにしていたり、痛いために上手に食べれず、こぼしてしまうこともあります。

STEP4おしっこに血やキラキラした砂のようなものが混じっていないか

泌尿器系の疾患の可能性があります。

STEP5急に水を多く飲むようになった

腎臓病など内臓疾患の可能性があります。

STEP6体をしきりに掻き、フケが出ていないか

ノミやダニによる皮膚の病気の可能性があります。人間の体へも影響を与える可能性があるので、早めの対処が必要です。

STEP7鼻が乾いていないか

健康的な猫の鼻は湿っていますが、風邪などで体調を崩すと、鼻が乾くことがあります。セキをしたり、呼吸がゼイゼイと荒くなるのも病気のサインです。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ