炭酸リチウムの服用と頭痛薬

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:841
  • ありがとう数:0

はじめに

精神科でリーマスという炭酸リチウム系の薬を処方されています。その際に、飲みあわせの問題から、「頭痛薬は「バファリン」以外はダメ」と言われました。特にロキソニンは絶対ダメとのこと。私はもともとひどい頭痛持ちで、今まで「ナロンエース」を常用してましたが、これもやめておいたほうがいいと言われています。とは言え、ひどい偏頭痛にはバファリンは効かなくて困っています。実際リチウムと飲み合わせがOKな頭痛薬には何があるのでしょうか?

STEP1

炭酸リチウム(リーマス)と、非ステロイド性消炎鎮痛剤とは、基本的に併用注意になっています。理由は、併用により血中のリチウム濃度が上昇し、リチウム中毒になる可能性があるからです。つまり、ロキソニン、バファリン(アスピリン)、ボルタレン、アセトアミノフェン、イブプロフェンなど普通に思いつく「鎮痛剤」のほとんどすべてはこの併用注意に該当してしまうのです。

STEP2

ただ、併用注意というのは絶対に飲んではいけないということではありません。例えば、医師の判断でリーマスの血中濃度の量を調節したり、あるいは血中リチウム濃度を検査したりした上で処方してもらえば問題ありません。ですから、リーマスを処方されている病院で頭痛がひどいことを伝えて、適切な鎮痛剤を処方をしてもらうようにしてください。

STEP3

また片頭痛とのことですが、本人が片頭痛と思っていても、実際には片頭痛ではなく緊張性頭痛であることも多くあります。もし本当に片頭痛であれば、イミグランなどの片頭痛専用の薬があり、これらとリーマスとの併用は問題ありません。主治医にナロンエースの説明書を持っていき、調べてもらったところ、特に今週は頭痛で吐くなど辛かったこともあり。その結果、飲んでもよいそうです。ただ、一応気をつけて飲んでほしいといわれました。あまり頻繁に飲んだりせず、体調の変化に気をつけながら、乗り切って行きましょう。

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ