行動からわかる猫の老いのポイント

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:345
  • ありがとう数:0

はじめに

猫年齢では8歳では中年です。子猫の時から一緒にいると、ずいぶんと落ち着き、カーテンに登ることもなくなっているはずです。

STEP1動作

体のすべての機能が低下し、筋肉も衰えてきます。なので、ジャレルことをしなくなり、1日中寝てばかりいます。動きもゆっくりになり、高いところに上がれなくなります。

STEP2トイレ

年をとるにつれ、腎臓の働きが悪くなるので、水を飲む量が増えておしっこの回数も多くなります。また、運動不足にもなるため腸の働きも弱くなり、筋肉も劣らえるために排便が困難になり、トイレの時間が長くなります。トイレ中、あまりに辛そうな場合は、病気の可能性もあるので注意してください。さらに、そそうをしてしまうこともあります。筋肉が衰えることで、意思とは関係なくおしっこが出てしまうことがあります。

STEP3脳・神経

嗅覚、聴覚、視覚などの感覚も衰えます。
ひどくなると、食事をしたことを忘れ催促したり、トイレがわからずにそそうをすることも。

まとめ

単純に老化のせいだと思っていたら、病気の可能性もあるので、様子がおかしいときには病院に行くようにしましょう。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ