出産直前の運動(ウォーキング)の注意点

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:2033
  • ありがとう数:0

はじめに

出産予定日が近づいても子宮口が開いてこない場合は、お医者様から運動をするようにとアドバイスが出ます。運動としてよく取り上げられるウォーキングをする場合の注意点をご紹介します。

STEP1予定日が近づいてきたら落ち着いてウォーキングしよう

出産予定日が近づくにつれ、予定日までに出産できるのか、予定日を過ぎても陣痛が来ない場合はどうしよう・・・と心配になったり不安になったりする方が多いと思います。
出産予定日の1週間前になっても子宮口が開いていない場合は、お医者様から運動して赤ちゃんが下がってくるようにしましょうと言われる場合が多々あります。

STEP2注意しながらウォーキングしよう

運動にはウォーキングがオススメです。その時に注意したいことがあります。予定日1週間前にもなると、子宮口が開いていなくても赤ちゃんは膀胱のすぐそばまで下がってきているので、膀胱を押されてオシッコが近くなります。私の経験上からなのですが、30分ほどウォーキングすると、オシッコが自然と出て、下着や服が濡れてしまうということがありましたので、尿パットや生理用のナプキンを着用してウォーキングすることをオススメします。

STEP3準備をしておこう

無理のない程度にウォーキングしましょう。そして、いつでも入院できるように準備をして連絡先は細かくメモしておくようにします。特にタクシー会社などの連絡先を控えておくとよいです。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ