「東日本大震災」を語った詐欺を回避する方法

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:314
  • ありがとう数:0

はじめに

「東日本大震災」の復興のために、多くの人たちが日夜額に汗しています。企業、個人を問わず、国内のいたるところから、おびただしい善意が被災地に届いています。

STEP1詐欺の情報を知ろう

一方で、震災に乗じた「詐欺」が確実に増え、それが巧妙化しているのもまた事実。被災地では、車のガソリンの抜き取りや空き巣被害が後を絶ちません。「貴重品は肌身離さず」。それが被災者の方々の合言葉になっているとも聞きます。

STEP2被災地のニーズにあったものを送ろう

震災による心身の傷が癒えない被災者の方々が、そうした心労まで抱えている。実にお気の毒なことです。ウエストポーチなどを被災地に送るなど、被災者の方々のニーズに応じた供給を考えていく必要があると私は思います。

STEP3対策を考えよう

震災詐欺は、私たちの身の回りにも執と起こっています。最も多いのは、宗教団体等を名乗る募金電話詐欺。振り込め詐欺の「震災バージョン」というところでしょう。かなり強引な対応をしてくる相手も多く、全国の消費者相談センターへの相談件数は日に日に増えているそうです。
その対応策として、次のようなことを試みるとよいそうです。①留守電にしておく(度重なる電話がある場合は、相手のメッセージを聞き取り、出方をうかがう)②そのメッセージを家族や信頼できる人と一緒に聞く③場合によっては、警察へ相談する。

まとめ

まとめると「自分一人で即答・即決しない」。とくに、独居老人の方などは、詐欺被害に遭いやすいといわれます。周囲の人たちの配慮があるといいですね。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ