カビの対策法

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:959
  • ありがとう数:0

はじめに

家の中にカビが発生して困ったという経験はありませんか?

日常でできるカビ対策について、ご紹介します。

STEP1<b>【カビの発生要因】</b>

カビが発生するには、栄養、水分、温度、酸素が必要で、これらの条件が揃うと、カビが繁殖しやすくなります。

逆に、このうちの1つでも減らすことができれば、カビの繁殖を抑えることができます。

カビは、埃や汚れを栄養とします。

また、10度以上の温度が必要です。

湿度が60%以上になると、繁殖しやすくなります。

ですので、カビを抑えるには、こまめに掃除や換気をすること、湿度を50%程度に保つことが有効となります。

STEP2<b>【カビができてしまったら】</b>

カビ取りの方法としては、塩素系漂白剤を使う方法があります。

いわゆるカビキラーとして使用されているものですが、刺激が強いため、マスクや手袋をはめ、衣服につかないように気をつけて使うようにします。

また、酸性の液体と混ぜると有毒な塩素ガスを発生するので、扱いにはくれぐれも注意をするようにします。

また、消毒用エタノールで拭き取ると、殺菌作用でカビに効果があります。

専用のカビ取り剤も市販されているので、用途に合わせて選ぶようにします。

カビがひどい場合には、ペーパーにカビ取り剤を含ませて貼りつけ、上からさらにスプレーし、しばらく置いてからこする方法もあります。

STEP3<b>【浴室のカビ対策】</b>

お風呂を使った後は、石鹸や汚れを熱めのお湯でよく流してから、次に冷水をかけて温度を下げます。

水滴が残らないようにワイパーをかけたり、布で拭き取るのが効果的です。

換気扇を回すなど、通気性を良くしておくことも大切です。

STEP4<b>【部屋の通気の仕方】</b>

部屋の通気性を良くするために、こまめに窓を開けて風を通すことが大切です。

その時に、部屋全体に空気が対流するように、工夫をします。

壁にベッドや家具などが密接していると、空気の流れが淀み、カビが発生しやすくなります。

壁から10cmほど離すだけで、空気の通りが良くなります。

STEP5<b>【カビ取りグッズ】</b>

カビ対策のために、次のようなグッズを普段から役立てておくことも、予防の1つです。

・除湿シート

布団用、カーペット用など

・除湿剤

室内用、押入れ・クローゼット用、たんす用、靴箱用、靴用など

・結露防止シート

・結露防止スプレー

除湿剤に水が溜まったら、早めに取り換えることも大切です。

まとめ

カビ対策のポイントは、こまめに掃除をしたり、結露を拭いたり、靴を磨いたり、押入れやクローゼットにも通気を良くしたりなど、毎日の心がけが必要です。

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ