「塩少々」と「塩ひとつまみ」の違い☆お料理上手になるポイント

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:262
  • ありがとう数:0

はじめに

「塩少々」と「塩ひとつまみ」の分量が違うってご存知ですか?
塩は少量で味が変わってくるので、
細かいことのようですが、しっかり計りたいですよね。
では、その違いを紹介します。

STEP1☆塩少々

まず、「塩少々」から説明します。
「塩少々」は、
「親指と人差し指の2本の指先で軽くつまんだ分量」
になります。
これは、小さじ1/8程度になります。

STEP2☆塩ひとつまみ

次に「塩ひとつまみ」は、
「親指、人差し指、中指の3本で軽くつまんだ分量」
です。
これは、小さじ1/5程度の量です。

STEP3☆補足

塩は、ほんの少し多かっただけで
すごく塩辛くなったりするので、
気をつけて計量したいですね。
塩だけでなく、材料はきっちり計って、
おいしいご飯を作ってください。

まとめ

これが一般的な量り方ですが、各家庭によってお好みの味などもあると思いますので、味見をしながら分量の調節を行ってください。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ