ティーバッグでおいしい紅茶を入れる方法

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:188
  • ありがとう数:0

はじめに

ティーバッグの紅茶を本格的にリーフ紅茶並みにおいしく淹れられる方法です。
ちょっとしたコツで美味しいです。

STEP1★3人分(材料)

ティーバッグ2つ
大体熱湯400~450ccぐらい

後は好みに応じて砂糖や牛乳です。

STEP2★準備

ティーカップは熱湯で温めておきます。


ティーバッグの袋は底を広げます。
三角形のピラミッド型のものは元々底が広いので良いのですが、
ペッタンコのものは葉がジャンピングしないので
広げておいてポットに入れます。

そこで気をつけなくてはいけないのは、
ティーバッグの紐をポットから出さないようにして中に沈めます。
ですから紐の上の紙はちぎっておきます。

STEP3★お湯を沸かす

お湯は水道から直接薬缶にジャッと勢いよく入れて、沸かします。
お湯がボコボコ沸き立つほどによく沸かします。

STEP4★手順

①ポットに熱湯を400~450ccぐらい入れますが、
1分半~2分ぐらい蓋をして蒸らします。

②カップに注ぎ分けてゆきます。

③お好みで牛乳を入れます
※牛乳ですが常温が適温です。
冷蔵庫から出したばかりは冷たいのですが、
決して電子レンジで温めないようにします。
なぜなら嫌な臭いがしてしまうからです。
そういう時は牛乳を入れるピッチャーを熱湯で温めておいてから
牛乳を入れると常温になります。

まとめ

それとティーバッグですが紅茶を
作っている時に熱湯の中で
ゆすってはいけません。
絞るのもいけません。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ