幼児の英語教育のコツ

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:293
  • ありがとう数:0

はじめに

英語が必須の時代ですが、幼児に英語を教育する場合に、
実際に自分が体験して、効果的だと感じた方法おすすめの方法を紹介します。
幼児年齢は0歳から3歳くらいまでを対象とした方法です。
幼児の早期教育は、もはや当たり前という時代ですが、
特に、幼児の英語教育に関する情報やスクールの競争は激しさを増しています。
実際に、スクールの体験や子供の英語教育にかかわってきて
感じた英語教育のコツを紹介します。

STEP1【生活環境の中で】

幼児の英語教育のステップは、大人と比べて難しくはありません。
それは、テクニックや技術を必要せず、
生活環境の中で、子供は学習していくからです。
幼児は、生活の中で様々なことを学習していきます。
それは、言語だけではなく、人間として必要な生活するの情報の全てが範囲です。

STEP2【身の回りのもの】

この幼児の生活サイクルの中に、英語をしみ込ませていくことが
英語学習のコツということになります。
日本語を母国語とする場合には、スクールやテキストなどでは、
優先順位が日本語になってしまい、英語への興味関心が向きにくいため、
まずは、身の回りのものを英語に変えていく環境作り
をすることをお勧めします。

STEP3【ポイント】

具体的には、テレビや歌、そして、絵本といった、
生活言語以外に耳にする、目にするものを「英語」にしていくことです。
テレビは、海外チャンネルという方法や、DVDや現在では、
インターネットなどで流れている海外の子供向けチャンネルなどがお勧めです。
歌などは特に、日本の童謡を英語にしたものなど、成長するに従って、
日本語でも親近感が持てるように選択するとよいです。
絵本は、図書館などで海外絵本をかりるという方法があります。

STEP4【最終的に】

最終的には、家族で、外から英語の環境作りをしていくことが一番、
子供にとって英語になじみやすくなる第一歩になります。
スクールなどに通う方法は、最後に子供の英語への興味が強くなった場合で、
まずは、家庭でできることから始めるということが大切です。
子供の学習をすすめるには安心感が必須です。
家で、親や家族に囲まれている環境下で、
英語という新たな情報をなじませていくことで、
子供自身の英語習得力が高まってゆくのです。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ