授業ノートをキレイにとるコツ

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:552
  • ありがとう数:0

はじめに

ノートはその日の授業でやったことの整理、
テスト前の復習など様々なことに使うので、
しっかりとしたとり方をしたほうが良いですよね!

STEP1【いいノートを作る秘訣】

まず定期テスト前に
自分が見直しやすいようなノートを作ることです。
なので、
「ぎちぎちに文字が埋まっている」や
「色ペンを全く使っていなくて見にくく、どこが重要かわからない」
「逆に色ペンの種類が多すぎで見にくい」
など色々あるので、見やすいノートをとるよう様々な工夫をしていきましょう。

STEP2【工夫しましょう】

大事なところは色ペンで、またペンの種類は3色までとし、
それぞれ、最も重要、気付いたこと、プチ情報、
のように明確に分けることが必要です。

STEP3【補足】

ノートというものは復習につかったり、予習したり、
と色々な使い方がありますが、
一番板書を写すスペースをたくさん取っておいたほうがいいですよ。
また、予習、復習ページなどが混合してしまわないようしっかりと区切り、
右上が予習スペース、左上が新出単語スペースなどしっかりわけて、
見やすいノートを作っていきましょう!!

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ