嫌いな食べ物を克服させるポイント

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:282
  • ありがとう数:0

はじめに

離乳食が終わり、幼児食にすすんでいくにつれ、
だんだんと食べ物の好き嫌いがでてきますよね。
でも、好きな物だけを食べさせておくわけにはいきません。
どうやったら嫌いな食べ物を美味しく食べてもらえるか?
その方法を提案します。

STEP1【考えましょう】

子どもが食べなかった食べ物について、
どうして食べてくれなかったのかを自分なりに考察します。
硬すぎて食べられなかっただけなのか?
それとも、味が嫌だったのか?
はたまた、形状が嫌だったのか?

STEP2【考察した結果をふまえて】

硬すぎたと思った時はやわらかく、
味や形が嫌だったと思ったときは、
その食材を使う違うメニューにして、
もう1度挑戦させてみます。

STEP3【違うメニューにしてもだめだった場合】

「玉子焼き」、「ハンバーグ」、「お好み焼き」など、
中にいろいろな具材を入れられるメニューに
嫌いな食材を混ぜてみましょう!
もちろん、柔らかくしたり、みじん切りにしたり、
気づかれにくいようにしてね♪
これらの食べ物はつかみ食べもしやすいので、
自分で食べようという意欲も出るし、嫌いな物も克服できるしで、
一石二鳥ですよ!

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ