面接でできないことを突っ込まれた時の対処法

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:1588
  • ありがとう数:0

はじめに

仕事の面接で困るのが、「○○はできますか?」と聞かれて、それができない場合、どう答えたらいいかということですね。そこでそんな時の対処法を考えてみました。

STEP1<正直に伝えよう>

基本的に嘘をつくわけにはいきません。ある程度のハッタリくらいはかわいいものですが、仕事に直接かかわることで嘘をつくと、入ってから大変なことになります。とりあえずは正直に「できない」事実を答えましょう。

STEP2<フォローをしよう>

できないと答えていいのですが、その直後のフォローが大事。「それはできません」と澄まし顔では、印象が悪くなるばかりです。「残念ながら今はできませんが、勉強してできるようになるよう努力します」「できません。でも一生懸命覚えます」など、とにかく努力することをアピールしましょう。

STEP3<こちらから質問をしてみよう>

興味を持っていることを示すため、答えた後にこちらからそのことについて質問するのもいいでしょう。「努力します」と答えた後に、「ところでそれは・・・なのですか?」「○○も使用するのですか?」など無難なことでいいから、うるさくない程度に質問してみましょう。

STEP4<お礼を忘れないようにしよう>

面接の終了時に、時間を取って話を聞いてくれた相手にお礼を言うことを忘れずに。お互い気持ちよく終わらせるためにも、「ありがとうございました」と丁寧にお礼を言いましょう。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ