就職面接で面接官に良い第一印象を与えるコツ

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

就職面接では面接官に与える第一印象がその後の面接を左右することがしばしばあります。しっかり事前に対策をしておきましょう。

STEP1第一印象を大切にしよう

書類選考を通過していざ面接となったときに注意したいのが、第一印象です。面接官はある程度書類の写真等から応募者をイメージしますが、実際に応募者にあったときイメージと違うことがよくあると聞きます。
書類に貼る写真はベストショットを貼る方が多いので一番の自分、またはそれ以上の見栄えのよい自分を写真では見せることが出来ます。しかし面接ではたいていはその人の本来の姿がにじみ出るものです。

STEP2写真とは違う自分をみせよう

そこで第一印象が大切になります。応募者がドアを開けて一礼して席に着席するまでのほんの短い時間に印象点が決まると言われています。いい意味で写真とは違う自分を見せたいですね。

STEP3普段から心がけよう

それから、ちょっとした動作や声などの細かい点をチェックすると面接官はおおよそのその人の人間性が想像できるといいます。最初の一声を大切にしたいものです。声は相手に与える印象を大きく左右します。しっかりと相手に伝わる声をだしましょう。
動作も声も日ごろの心がけが大切です。普段からビジネスマンらしい振る舞い、声の出し方を練習しておきましょう。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ