きのこ摂取で抗がん作用のポイント

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:354
  • ありがとう数:0

はじめに

小さなきのこに、大きな働きがある事を、ご存知ですか。

STEP1<b/> <抗ガン作用> </b>

きのこ類に多く含まれるβ‐グルカンは不溶性植物繊維の一つです。
免疫力を高めてがん細胞の増殖を抑える、強い抗ガン作用で知られています。

STEP2<b/> <動脈硬化予防> </b>

シイタケのうまみ成分エリタデニンや、シメジに含まれているリジンには、コレステロールを減らして動脈硬化を予防する働きがあります。

STEP3<b/> <メタボ対策> </b> 

茸の多くは100gが20kcal以下と、超低カロリーです。
食物繊維もたっふりで、メタボ対策に欠かせない食材です。

STEP4<b/> <ワンポイント> </b>

茸はほとんどが無菌栽培されているので、調理の際、洗う必要は無いそうです。
良く洗ってしまうと、逆に旨みが逃げてしまうそうです。

まとめ

どんな調味料でも美味しくいただけるきのこ。
1年中を通して大体どこででも手に入ると思います。
お好きな一品を、見つけてください♬

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ