お弁当を腐らせないコツ

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:2264
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by catherine-z
梅雨時期や暑い夏になると悩むのが、どうやってお弁当を腐らせないかです。
防腐シートなどの市販のものを使わずに、手軽に腐らせない工夫をしてみましょう。

STEP1<b>【調理で気を付けたいこと】</b>

幼稚園や保育園、学校、それに勤務先などにお弁当を持っていく場合、
梅雨時期や夏には腐らないか心配になりますよね。

そこで、作る段階で気を付けることは、火をしっかり通すこと!
半生状態だと腐りやすいので気を付けましょう。

また、少し濃い味にすると、腐りにくくなります。
でも、お子様には濃い味にするのは難しいかもしれませんね。

しっかり火を通した料理は、しっかりと冷ましましょう!
これも腐らせない工夫の一つです。

STEP2<b>【腐らせない食材を入れよう】</b>

食材で工夫をしてみましょう。

梅干しや酢の物をちょっとでも入れると腐りにくくなります。

また、意外に見落としがちなのがごはん!
白ごはんだと傷みやすいので、酢飯にすると腐りにくくなります。

酢飯の作り方はこちらのガイドを参考にしてください↓
http://okguide.okwave.jp/guides/30257

STEP3<b>【冷やそう】</b>

お子様で酢の物や濃い味が苦手という方には、デザートにこんなものはいかが?
ゼリーを冷凍しておいて、一緒に入れます。
そうすると保冷効果が期待できます。

また、冷凍食品には、凍ったままお弁当に入れると、
ちょうど食べる時には食べごろになっているというものもあります。
こういうものも保冷剤の役割も果たしますのでお勧めです。

STEP4<b>【お弁当箱を殺菌】</b>

一番お手軽にできる方法を最後にご紹介します。
それは、お酢をキッチンペーパーなどにしめらせてお弁当箱をあらかじめさっと拭くことです。
蓋を拭くこともお忘れなく!

さっと拭いて乾かしてから食材を入れていきましょう。

まとめ

photo by catherine-z

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ