映画・テレビドラマを脚本から楽しむ方法

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:3383
  • ありがとう数:0

はじめに

面白いドラマや、映画を観て、
もっと気分に浸りたい方、
或いは、小説は読むけど、
映像はちょっと苦手…という方、
映像用の脚本を読んでみませんか?

STEP1字面で追う楽しさ

ドラマや映画を観て、さらにじっくりと
世界に浸りたいと思われたことはないでしょうか。
そんなときには、脚本を読み込んでみるのも
オススメです。

脚本とは、映像を前提に作られた設計図の
ことを言うのですが、
脚本を読みながら、憧れた俳優さんたちを頭の中で
再度想像したり、シーンの再現を想像しながら
読むのは、また違った観点からその世界観を
楽しめるのでオススメです。

俳優さんたちが、脚本を読みながら演技している
ことを考えてみるのも楽しいですね。

STEP2小説とは違う組み立て

同じ日本語で書かれている小説と脚本とは
イメージの仕方も変わってきます。

脚本ではシーンごとの積み重ねでドラマが
できていきます。
ですので、軽い場面描写と、セリフ、登場人物の
動きなどをサクサクと書かれているので、
(俳優の方が演技するための台本であるため)
小説とは頭の使い方が少々異なるのです。

ですので、小説を好まれる方にも、
延々と続く文字表現は苦手だという方にも、
どちらにも新鮮な文字表現として、
興味をもたれた方は一読されるのもオススメです。

STEP3脚本の面白さは?

脚本の面白さは、頭にイメージを描きやすいと
いうことにあります。

秀逸なドラマは、演じる俳優の方の力量が
占めるウエイトも大きいですが、
ドラマを生み出す設計図に描かれた構図の
素晴らしさが地盤にあることも多いものです。

映像的描写を心がけた脚本は、頭の中だけでも
ワクワクしたドラマが膨らみます。

もし関心がありましたら、是非ご覧ください。

まとめ

脚本を手にする方法は、他のガイドにて
掲載しております。
よろしかったらご覧ください。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ