長崎ちゃんぽん・皿うどんの起源のポイント

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:895
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by 菓秀苑森長(かしゅうえんもりちょう)
長崎と言えば、「長崎ちゃんぽん」そして長崎「皿うどん」!!
その起源をご紹介します。

STEP1<b> 【起源】</b>

ちゃんぽん、皿うどんの起源は、長崎にある四海楼の初代陳さんが発明したと言われています。

STEP2

【皿うどんってどうみても「うどん」じゃないのにどうして皿うどん?】

皿うどんの元祖は、ちゃんぽん麺を炒めたものにあんかけ具をかけたものでした。
いわゆる「太麺皿うどん」です。]

それが、皿にのったうどんにみえたのでしょうね。
その後、調理にも手間がかからない揚げ麺と推移し
名前はそのまま残ったという説もあります。

STEP3<b>【翌日の皿うどん】</b>

皿うどんが残ってしまった!
そんな時は、翌日までおいといて、パリパリ麺がふにゃふにゃ麺に・・

そのふにゃふにゃ麺を具ごとフライパンで炒めます。それもまた長崎の家庭の味です。
(翌日の皿うどん派がいるほど)

STEP4<b> 【長崎では】</b>

長崎ではお祝いの席に、大皿の皿うどんを食べることでも有名です。
また、長崎県民の締めは「ちゃんぽん」です。(人によりますが)

噂では、長崎県民は2日に一回は食べると言われています!!

まとめ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ