高速道路でのバイクの走り方

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:644
  • ありがとう数:0

はじめに

ツーリングで高速道路を利用するのは
楽しみの一つです。

今回はバイクを高速道路で走らせる注意点を
ご紹介します。

STEP1一人のときは

車間距離に注意するのは当然ですが、
車との距離はかなり注意が必要です。

バイクの性能にもよりますが、
ツアラー向きや、高速向きのバイクでは
ない場合、エンジンを振る回しで走ることが
多いので、普段の待ち乗り以上にブレーキ
ポイントをチェックして走ります。

STEP2二人以上のときは

二人以上のときにおいても、
車間距離の注意するのはもちろんですが、
初心者であれば、熟練のライダーに先導
してもらう。

或いは三人以上のときには、熟練のライダーたちに
はさんでもらい、間に入らせてもらって走る方法があります。

その際は、一つのレーン上でもできる限り、直線上に並ばずに
ジグザグに位置になるように走ることで、常に前にもバックミラー
においてもライダーを視認できる位置をキープして走ります。

STEP3車道レーンの数を考える

都市部での高速道路は比較的複数のレーンが
用意されているので、安心ですが、都市部から
離れたり山間部にいくほど、一車線の高速道路が
増えていきます。

この場面は非常に注意が必要で、運搬関係のトラックが
必要以上に相当飛ばしていることも少なくありません。
その大きさから圧力もかけられることもありますので、
焦らずに落ち着いて対処するようにしましょう。

まとめ

高速でのライディングの服装にも気を配られることを
オススメします。
カウルと呼ばれる風除けのないバイクは、
長時間の運転では、けっこう風があたることで
疲れることも多いです。

また、空気圧も事前にチェックしておきましょう。
楽しいツーリングになる一助になれば幸いです。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

必要なもの

周りに気を配る気持ち

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ