カステラが生まれた理由のポイント

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:1631
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by 菓秀苑森長(かしゅうえんもりちょう)
現在も多くの人々に愛されているカステラ。
老若男女問わず愛されている、日本を代表するこのお菓子

でも、そもそもカステラの起源ってどこから来たのか、意外と知らない人が多いのではないでしょうか。
例えばECサイトだと、楽天市場では「洋菓子」、Yahoo!ショッピングでは「和菓子」
とっちやねんという声も聞こえてきそうですが。。。。

そんなカステラの起源をご紹介します!!

STEP1【カステラの起源】

カステラは諸説ありますが、スペイン語で城を表すCastellaが語源とも言われていますが、私の聞いている一番有力なものは、もともとはポルトガルの家庭のお菓子「パンデロー」が起源と言われており、江戸時代に長崎の出島から宣教師を通じて日本に入ってきたと言われています。

STEP2【カステラは和菓子?洋菓子?】

カステラには数百種類を超えるレシピがあり、レアからウェルダンまでの焼き方までさまざまなバリエーションがあります。

江戸時代中期に今の一般的なレシピになり現在に至ると言われています。
(そのレシピを作ったのは弊社(森長)ではなく、かの有名な○○屋さんですが。。。)
なので、起源から見れば洋菓子ですし、このアレンジを加えたレシピが日本に今定着して広まったことを考えると、カステラは「和菓子」と言えるのかもしれません。

STEP3【長崎はカステラの本場】

日本では長崎はカステラの本場と言われております。
長崎にしかないというよりは、長崎が発祥の地であり、長崎県の域団体商標として「長崎カステラ」というものが登録されています。
ようは、きちんと認可を受けないとその商標は使えないということなんですね。

ちなみに文明堂さんももとは同じところが長崎と東京に分かれています。
全国に広がっていったんですね。

あと台湾では、カステラではなく、長崎カステラという形で認識をされているという面白い事例もあります。面白いものですね。

まとめ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ