ぐずる子どもの叱り方

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:1773
  • ありがとう数:0

はじめに

幼児期はボキャブラリーも少ないし、
経験も少ないために言い聞かせるのが
難しいもの。
いやいやをされると頭にくるし、
つい「ダメなものはダメ!」と頭ごなしに
怒ってしまうことがありますよね。
しかし、それでは親子ともどもいやな気分になってしまうもの。
回り道でも、子供の気持ちに沿って考えることをすれば
後後も楽になります。

STEP1【まずは】

自分が落ち着きます。
深呼吸したり、頭の中でゆっくり10まで数えてクールダウン。
子供と一緒にイライラしてしまっては
状況は悪化してしまいます。

STEP2【待ちましょう】

子供が落ち着くまで待ちます。
人の目が気になるようだったら、
抱いて行って場所を変えましょう。

少しでも話しかけると泣いて、
いつまでも話せない状態なら、
一旦その場は引きます。
別の話題を振るなり、他の場所に行くなり、
子供が叱られたことから
気分を切り替えられるまで待ちます。

STEP3【聞きましょう】

子供の話を聞きます。
最後まで。子供が話すのを邪魔してはいけません。
優しい口調で怒ってないことをアピールしつつ、
気持を引き出します。
上手く話せないようなら、子供の話したことに対して
「~ということなの?」と考えられる理由をあげて聞いてみます。

STEP4【次につなげましょう】

代替案の提案や実際やってみてあきらめさせる、
次からこうした方がいい、助かる、嬉しい、
などと約束の形で次につなげます。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ