冬春の観光名所 こぼれ話 その三十 志賀島

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by 冬春
 博多湾に浮かぶ志賀島。  この島へ行くには船はいりません。  なぜなら……

STEP1

 志賀島は、福岡県福岡市東区に所属する島で、博多湾の北部に位置し、海の中道と陸続きである。

 古代日本の大陸・半島への海上交易の出発点として、歴史的に重要な位置を占めており、島内にある志賀海神社は綿津見三神を祀り、全国の綿津見神社の総本宮である。
 この神社、4月と11月の例祭において「君が代」の神楽が奉納される全国的にも珍しい神社だったりする。

 島とついているから移動には船かと思った人も多いだろう。
 だが、この島は砂州により本土と陸続きになった陸繋島で、全国的にも非常に珍しかったりする。
 なお、この島より国宝である金印が出土している。
 重要な日本の玄関口だったこの島は、今では多くの海水浴客で賑わっている。

まとめ

 志賀島  福岡県福岡市東区志賀島  和白方面から福岡県道59号志賀島和白線が続いている。  2002年10月に海の中道の雁ノ巣地区とその南に位置するアイランドシティとが海の中道大橋でつながり、福岡市中心部との道路距離が大幅に縮まっている。  福岡市中心部(天神)から西鉄バスの路線バスが運行しており、また西戸崎駅からバスに乗り換える手段もある。  天神からの路線バスは志賀地区まで運行される。西戸崎駅からは志賀地区を通り弘・勝馬地区まで運行されている。  博多埠頭より志賀地区まで福岡市営渡船が運航される。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ