洗濯機を購入する前に知っておくと良いポイント !

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:694
  • ありがとう数:0

はじめに

最近、何処の洗濯機売り場へ行っても、きらびやかに飾り付けをして目立たせているのは、「ななめドラム」です。
洗濯乾燥帰洗濯機と乾燥機が一体になっているので、便利なだけではなく省スペースだから売れ筋なのは納得です。
しかし価格帯が20万円前後と高くなっているのがネックです。
失敗しない様に、家族構成に有った洗濯機を購入したいですよね。

STEP1★洗濯の目的

洗濯機には従来から有る「うずまき式」と最近人気の「ドラム式」があります。
家族の中に育ち盛りの子供達が服を汚してくるので、
とにかく沢山の頑固に汚れた衣類を綺麗にしてくれる洗濯機が欲しい。
となるとうずまき式がオススメです。
逆にあんまり汚す人は居ないし、とにかくオシャレ着をやさしく洗ってしっかりと乾かして欲しい。
この様な要望ならドラム式がオススメです。
洗濯の目的を考えて選んだ方が良いですね。

STEP2★所要時間

電気代や水道代が安く省エネが高い洗濯機であっても、
使い勝手が悪くては台無しです。
出来れば自分の選択事情に合う物を選びたいですよね。
洗濯時間・・6Kgを洗濯~乾燥までは3時間程度かかります。
天気の良い日は外で干したいですよね。
そんな時に大事なのは洗濯だけの所要時間です。
一般的にうずまき式に比べるとドラム式は長くなります。
洗濯をメインに考えるとうずまき式になりますね。

STEP3【扉の開き勝手も注意が必要です】

洗濯機の上部にスペースが無いとなるとドラム式。

又そのドラム式にも扉の開き勝手が選べなければレイアウト上で、
使いにくくなる事も有ります。

最近では左右選べるメーカも出てきました。

まとめ

衣類乾燥もシワになりにくい機種とか半乾きモードで、
アイロン掛けを行なうとかの機能があるので上手に利用する事をお勧めします。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ