家電の待機電力と節約方法

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

今日では技術進歩によって消費も少なくなってきていますが、 節電をしなくてはいけない今、待機電力について調べてみた。

STEP1【待機電力】

現在の家庭での全消費電力のうち待機電力と言われているのは7.2%を占めています。その中でもワースト3までをあげます。

1.AV機器
2.給湯機器
3.IT機器
となります。

STEP2【使用電力】

料金は約です。
家電の種類により違いますので参考までにお願いします。

DVDなどのプレーヤー308円
給湯器506円
温水便座1600円
炊飯器400円
留守電機能付き電話1000円
パソコン77円
レンジ105円
エアコン101円
となりました。

STEP3【テレビの節約方法】

テレビは見ないときはコンセントを抜くのが一番ですね!
抜く場合何度も抜くと電源コードを痛める恐れがあるので、
節電タップなどを利用すると楽で痛めません。
見る時の注意点としましては、音量を上げる事に電力が上がるのでむやみに上げない。
画面の明るさは節電モードもしくは一段暗くする。
DVDなどもテレビと一緒のコンセントなので、
番組予約などをしないときは抜くようにしましょう。

STEP4【冷蔵庫の節約方法】

上に物を置いている人多いですよね。
それだけで10%電力アップです。
冷蔵庫は温度が上がるにつれ電力アップするので、
開け閉めもなるべく最少にしましょう。

STEP5【掃除機の節約方法】

毎日やる方もいると思うので節約方法を書きます。
掃除をするときは部屋をあらかじめ片づけてから掃除機をかける。
スイッチを何度も切らない。
弱で掃除をする。
フィルター、ごみの入るボックスはこまめに掃除をする。
フィルターの、ボックスの掃除を行えば吸引もよく弱でも平気で、
部屋を片づければ一気に掃除ができスイッチを切ることもなくなります。
これをやれば多い人で3000円近く減ります。
簡単なのでこの機会にやってみてはいかがですか?

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ