乳児を抱っこから布団に寝かせる時、泣かせない方法

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:7190
  • ありがとう数:0

はじめに

乳児を育てた事のある方なら、誰でも経験している「抱っこしている時には寝ていても、布団に寝かせると起きて泣いてしまう」という、悩みを解決したいと思います。

STEP1【座ったまま、抱っこで寝かせている時】

親の体が密着し、そこからぬくもりや安心感を得て、赤ちゃんは寝ています。
そのぬくもりを最後の最後まで離さないというのがポイントです。
そーっとそーっと布団に横にさせる時、体を密着させたまま布団に横にします。

STEP2【立て抱っこをしているのであれば】

胸とほっぺを最後の最後まで離さないで布団に横にさせます。
そして、手を抜き、掛け布団を準備し、体を離した瞬間に、布団で包ませるのです。

STEP3【さらに★】

布団を暖めておくと、成功率はぐーんとアップします!
キーポイントは「温もり」ですね。
また、赤ちゃんのお気に入りのタオルやぬいぐるみがある場合は、
それを身体に密着させてあげると良いですよ。
赤ちゃんがぐっすり眠ってくれると、お母さんの時間も上手に使えますね!

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ