教育テレビの子ども番組を通に楽しむ方法

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:326
  • ありがとう数:0

はじめに

 子どもがいると毎日見てしまう教育テレビの子ども番組。
 スタッフや出演者、作詞・作曲などは通なラインナップなので、大人でも十分楽しめます。

STEP1ジュモクさんの片桐仁を知る

 「シャキーン」のジュモクさんや「ピタゴラスイッチ」10本アニメの声で出演している片桐仁さんは俳優としてご存知の方もいるかもしれませんが、本業(?)はテレビにほとんど出演しないお笑いコンビ「ラーメンズ」の方です。
 「ラーメンズ」はコアなファンが多く、ライブは当日即完売するほどの人気。youtubeなどでも動画がアップされていますので、ぜひご覧になってみてください。
 相方の小林賢太郎さんも「ピタゴラスイッチ」の何してるのおじさんに出演していました。

 ちなみに10本アニメでは、カロリーメイトのCMに出演していた丸坊主のヌボーッとした大人計画所属の個性俳優、荒川良々さんも声優をつとめています。

STEP2「サボさんまいったな」のクレイジーケンバンド

 ムード歌謡のようなノリがたまらない「サボさんまいったな」の作詞は「い~ねっ」でご存知の方も多いクレイジーケンバンドの横山剣さんで、演奏もクレイジーケンバンドです。
 ドラマ「タイガー&ドラゴン」の同名主題歌(俺の、俺の、俺の話を聞け~)や西友のCMソング(だってお前、いい女~)などでも有名です。
 クレイジーケンバンドはユーミンや森光子さんなど業界内人気も高く、また名監督アキ・カウリスマキの映画「過去のない男」のエンディングにも使われるなど、通好みなバンドです。

STEP3「えいごであそぼ」の佐藤可士和

 「えいごであそぼ」のアートディレクションをしているのは、日本を代表するアートディレクターの1人、佐藤可士和さんです。ケボとモッチのデザインも佐藤さんです。
 最初ケボを見た時は「雑巾…?」と思ったものですが、そう思ってみるとひと味違うような、やっぱり雑巾のような…。

STEP4「すわるぞう」の宮藤官九郎

 もうすっかりメジャーになってしまったので今さらですが、「なんかいっすー」や「すわるぞう」の作詞をしているのは脚本家のクドカン。
 「マルモのおきて」主演の阿倍サダヲさんらとともに劇団「大人計画」の一員であり、阿倍さんらと「グループ魂」というバンドもやっています。大人計画の舞台もまたチケットがとれないほどの人気。
 たくさんのドラマ脚本を書いていますが初期の「池袋ウェストゲートパーク」はTOKIOの長瀬さんに、窪塚洋介さん、NEWSの山ピー、妻夫木聡さん、佐藤隆太さん、坂口憲二さん、阿倍サダヲさん、渡辺謙さん、小雪さんという今では到底無理な豪勢な出演者で、ストーリーも秀逸なのでまだ見ていない方はぜひ。

STEP5「ピタゴラスイッチ」の佐藤雅彦

 監修をしている佐藤雅彦さんも、日本を代表するメディアクリエイターです。「だんご3兄弟」を大ヒットさせたほか、ちょっと前ですが「ポリンキー」「ドンタコス」「バザールでござーる」などの有名CMも手がけてきた人で「アルゴリズムたいそう」も佐藤さん作。

STEP6通好みなアーティスト

 「ピタゴラスイッチ」の「数えてみよう」は真心ブラザーズの桜井秀俊さん、「おかあさんといっしょ」の「えがおでいこう」はホフディランなど、テレビにはあまり出ませんがコアなファンが多いアーティストが数多く参加しています。ママが聞いていても、いい歌は多いですよね~。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ