中学・高校の文化祭の出し物のアイデア探し 

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:2988
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by けんたろ~@「愛」
梅雨も明け始めて暑くなり、もうすぐ文化祭の季節ですね。
文化祭の出し物に頭を悩ませている生徒さんも多いと思います。
アイデアというのは考えていたり、実行委員やクラスで話し合ったりしてもなかなかでないものです。




アイデア探しのコツ、知りたくないですか?

STEP1調べてみる。

過去の文化祭では何をやっていたのか調べてみると、参考になることも多いです。
去年やおととしの自分の学校や部活の文化祭はどうだったのか?近隣の他校ではどうなのか、おもしろい文化祭をしていた学校はどこか…。先生や先輩、友人に話を聞いてみたり、インターネットで調べてみるといいでしょう。

また文化祭の企画の本もあります。高文研の「新々・文化祭企画読本」という本です。学校や街の図書館にあるかもしれませんね。

クラスや全校でアンケートをとるのもお勧めです。実行委員を含め何がしたいのかというのが見えてきます。注意点としてインタビューだけでなくメールやアンケート用紙など文章でもアンケートを取ったほうがいいでしょう。話すのが苦手で、文章で書くのが得意な人もいるからです。そういう人もいいアイデアを持っているかも?

STEP2トラブルに注意!

あなたが、おもしろくてやってみたいアイデアを見つけても、反対意見を持っている人もいます。
せっかく考えたのにどうして!と思うかもしれませんが、そのアイデアをそのまま実行すると、事故が起こるかもしれないのです。文化祭は生徒や先生などたくさんの人が関わっています。もし展示物や製作物が壊れてしまったり、何かのきっかけで誰かにケガをさせてしまったら…と考えるのは実行委員としては押さえておかねばならないところです(もちろん先生も考えてくれると思いますが)。

体験談をひとつ。高校生だった筆者は、クラスの学級委員という立場で出し物を考えていました。話し合った結果、展示で占い館に決まったのですが、学祭当日になんとクラスから出火して、校舎のうち3教室ほど焼け、文化祭はそのまま中止になってしまいました。
不幸中の幸いで軽傷者が数人で済みましたが、もし誰かが亡くなっていたら…と思うと今でもゾッとします…。

原因は、雰囲気を出すために暗幕や黒く塗った新聞紙を装飾用に使っていたのですが、その日はたまたま暑い日で、何かの原因で火が付いてしまったようです。

こういった事故は起きないとは断言できないのです。
リスクを予測しあらかじめ回避するというのは大変ですが、くれぐれもトラブルは起こさないように…。

STEP3具体的にはどうするの?

中学・高校の文化祭では基本的に予算がほとんど無いので、できることが限られてくるかと思います。

以前あった例では、牛乳パック再利用の巨大トトロの立体製作物がありました。
これも牛乳パックではなく空き瓶を砕いて利用したり、空き缶、紙コップ、ペットボトル、新聞やチラシ、段ボールなどで、立体物や展示物などは製作できそうです。
無いものではなく、有るものに目を向けると、アイデアは湧いてきます。

昔からよく行われているのは何かを研究した発表や○○新聞、絵や写真などを掲示板に張り出す展示ですが、この手のものは基本的には盛り上がりません(ちなみに大人でも難しいです)。

現代は超情報化時代で、情報を一方的に流しても以前ほど反響が得られなくなっています。
ですから、一方的ではなくて双方向であれば同じ展示でも、一味違うものになるでしょう。
展示用のHP(クラスだけでなく、文化祭そのもののHPでもいいでしょう。)で掲示板を作成したり、展示物などの意見メールの受付やチャットなどもいいかもしれません。
スキルがあれば動画などもおもしろいですね。

クラブ活動の例ですが、映画「ウォーターボーイズ」は埼玉県の高校の水泳部が発表した、文化祭の演目のシンクロナイズドスイミングがモデルになっています。またフィクションですが吹奏楽とジャズバンドの映画「スウィングガールズ」もあります。

STEP4終わりに

中学生・高校生の文化祭は、予算やスペースなど限定された特殊な環境であり、作り上げるのは大変だと思います。

そのぶん、乗り越えた経験や、協力し合った仲間、楽しかった思い出は一生のものになるでしょう。

がんばって良い文化祭を作ってくださいね!!
応援しています!

必要なもの

・良い文化祭にするという熱意 ・良いアイデアを出すという熱意 ・できるだけお金のかからない、学校や家庭や地域の協力を得られそうな材料。 ・協力しあえる仲間。 ・先生や家族、地域の方など大人の協力。

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ