病気で落ち込んでいる人を励ます方法

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

誰でも病気になると気が沈んでネガティブになってしまったりしますよね。
病気で落ち込んでいる人を励ます方法をご紹介します。

STEP1★ ただただ聞いてあげる

病気になると体の一部が痛かったり、未来への希望を失ってしまったり
精神的にも滅入ってしまいます。

どんなに励まそうとしても、「なぜ自分だけ」という孤独感と
誰にも分かってもらえない辛さでさらに落ち込んでしまいます。

なんの根拠もなく「大丈夫よ!」と言われても、「自分が病気だった時は・・・」
と言われても自分の苦しみを分かってもらえてないように感じてしまうのです。

そんな時は、「そばにいるよ」「ひとりじゃないよ」という安心感を与えて
とにかく、話を「そうね・・」と聞くようにすることが大切です。

言葉であって、言葉でなく「気持ちを受け止め、安心感をあたえる」ようにしましょう。

STEP2★ 貴重な体験であると発想の転換をさせてみる

よく「大変なことは、それをクリアできる人にのみ課せられる」などといいますが、
病気になって初めて感じれることもあります。

病気の辛さ・不便さ・周囲に支えられていること・心配してくれる人がいること
などです。
この体験を通して何かを学び、人を思いやる大切さや、自分の健康の大切さ
周囲の支えに感謝することを、知ることができる機会だと捉えると
ちょっぴり前向きになれると励ましてあげてください!!

STEP3★ 本人にはなれなくても同じ気持ちで

病気で落ち込んでいる時は「なぜ自分だけ」という孤独感も強く感じます。
その本人にはなれなくても、同じ気持ちになったつもりで
親身になって話を聞くようにしましょう。

その気持ちはきっと伝わるとはずです。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ