靴の裏についてしまったガムを取る方法

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

町を歩いていたら、知らずにガムを踏んでしまった! ……溝にはまってしまってなかなかきれいに取れませんよね。
今回は、靴の裏についてしまったガムを取る方法をご紹介します。

STEP1冷やす

コールドスプレーがあれば、がむのところに2,3秒当てて冷やしてみましょう。
コールドスプレーがなければ、氷を入れたビニル袋を当てて冷やしましょう。
ガムは固まってそれ以上粘つくことがないので、きれいに取れやすくなります。

STEP2ポケットティッシュ

ポケットティッシュを踏みます。
そのまま歩き続けましょう。
するとポケットティッシュのビニールのほうにガムがくっつき、靴から離れやすくなります。

STEP3油で溶かす

上記の方法では取れないという場合はガムを溶かしましょう。
ガムは油に溶けやすい性質を持っています。
こびりついたガムにヘアムースをつけてなじませれば、ガムは溶けて取れやすくなります。

まとめ

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ