洗車の基本方法

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:531
  • ありがとう数:0

はじめに

自分で洗う人・洗車機を使用している人、洗車の方法は人それぞれあると思います。
下手に洗ってしまうと車にキズをつけてしまうこともあるので、洗車の基本を身につけて愛車を自分の手で綺麗にしましょう。

STEP1<b?>【まずは水洗いから始めましょう】</b>

1、洗車を始める前に窓が閉まっているか確認します。

2、高いところ(ルーフ)からホースで水を流し
  ボディ全体の表面の汚れを落とします。
(汚れが付いたまま洗うとボディにキズがついてしまいます。)

STEP2<b?>【洗剤・カーシャンプーで洗いましょう】</b>

3、スポンジに洗剤をつけて高いところから順番に洗います。
 
 ・スポンジで円を描くように洗うと傷になりにくいでしょう。
 
 ・ガラスの油膜は原液で洗うと落ちる場合もあります。
  
 ・ドアの取っ手部分、ドアステップの汚れ、サイドミラー
  ナンバープレートなども忘れずに洗いましょう。 
  
 ・ドアステップやバンパーなどの泥跳ね、タイヤ周りの汚れは
  ボディを洗うスポンジとは別のもので洗いましょう。
  (同じスポンジで洗うと、土や砂などで傷がついてしまいます。)

STEP3<b?>【水洗い➝ふき取りのポイント】</b>

4、全て洗い終わったら、ホースで高いところから水を流し
  洗剤を洗い流します。
 (洗剤が残っていると車が傷む原因となります。)

5、固く絞った布で水分を拭き取ります。
 (自然乾燥も車が傷む原因となります。)

 ・乾いたもので拭くとボディに傷をつけてしまいます。
  カーショップなどで売られている「セーム」を使用すると
  きれいに短時間でふき取りができます。

 ・ミラー、ライトの溝部分、ドア周り(内側)の水も
  拭き残しがないようにしましょう。
  

まとめ

Photo by suzunone804
●夏場の洗車は朝方か夕方の涼しいうちに
 済ませましょう。 
 日差しが照りつける中の洗車は車が傷む原因です。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ