結露を防ぐ方法

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:392
  • ありがとう数:0

はじめに

建築技術も進化し、気密性の高い家が多くなってきました。部屋の空気が外に出ないということは…つまり部屋に滞るものもあるということです。
そのひとつが「結露」です。家の結露を防ぐにはどうすればよいのでしょうか?

STEP1<b?>【結露の原因】</b>

<空気中の水蒸気が結露の原因>
 室内で温められた水蒸気が、外の冷たい空気に冷やされた窓に付く=結露
      ↓
・水蒸気の発生を防ぐために  …室内の湿度を上げないようにしましょう。
・部屋の温度を上げないために …外部との温度差を少なくしましょう。

 この2点をクリアすれば、結露の発生を防ぐことができます。

STEP2<b?>【結露を防ぐためには…】</b>

・部屋の“湿度と温度を適切に保つこと”が大切です。
 そして、“換気”がポイントになります。

<家庭で出来ること>

・お風呂場に水分を残さないようにしましょう。
 
 浴槽の水は抜いてしまうか、洗濯に利用するなどして
 溜めて置かないようにしましょう。

・室内干しも湿度が上がる原因となります。

・結露しやすい冬場でも、部屋の換気をこまめにしましょう。

・キッチンやお風呂場では換気扇をフル活用しましょう。

・エアコンの温度設定を上げ過ぎないようにしましょう。
 
  室温を調節しやすいのは…
  石油ファンヒーター、ガスヒーター < エアコン

・乾燥対策用の加湿器も使いすぎると結露の原因となります。

STEP3<b?>【窓の結露対策】</b>

・窓に合ったカーテンの長さ、厚さに変えましょう。
(天井から床までの長さがあるもの・厚手のものがよいでしょう。)

・雨戸がある家は、夜は雨戸を閉めましょう。
(室内と外との気温差を少なくするためです。)

・断熱シートを窓に張るとよいでしょう。
(濡れない場所なら窓の外側に張る方が効果があります。)

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ