盗まれてしまった自転車をみつけるコツ

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:813
  • ありがとう数:0

はじめに

公共の交通機関やちょっとそこまで、自転車を利用して置いておいた。
帰ってきたら自転車がない!盗難に合ってしまった時、愛車を見つけるコツをご紹介します。

STEP1

まず、防犯登録をしている際には自転車商防犯協力会に連絡しましょう。

STEP2

駅近くなどで警察官が2人組みで自転車に乗っている人を呼びとめている場面を見かけたことはありませんか?
声をかけて盗難に自転車でないか確認しているのですが、声をかける人には特徴があるようです。

STEP3それは、ほぼ学生以外の私服の男性であることです。

彼女と2人乗りしている男性も同様です。
やはり主婦や学生よりも自転車に乗る人が少ないこと、それなのに乗っていることが不自然に思われるからのようです。

盗まれてすぐならば周りを見渡してみましょう。まだ犯人がいるかもしれません。

STEP4

犯人が自転車を乗り捨てる場合、目立たないように自転車が置いてある場所に乗り捨てることが多いようです。

自転車で行ける範囲は限られています。
近くの駅の自転車置き場などに乗り捨てられている可能性があります。

まとめ

最近はエコや健康のために自転車通勤されている男性の方も多いです。
その一方、自転車が足として乗り捨てられたり、さらには転売されたりすることも後を絶ちません。
もし盗難に遭ってしまっても、見つけられるよう知っておくと便利です。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ