周りに気づかれずに眠気を覚ます方法

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:1029
  • ありがとう数:0

はじめに

昼間、眠気に襲われたら!?
授業や会議などで寝てはいけない場面でも、この方法なら周りに気づかれずに眠気を飛ばせます。

STEP1[ウトウトしてきたら・・・]

寝てはいけない場面でウトウトしてきたら、ツボ押しで目を覚ますのがオススメです。
鼻の下にあるミゾの真ん中あたりにある「人中(じんちゅう)」というツボ。
ここを人差し指を立てて押してみてください。とても痛いので、その痛みで目が覚めます。

STEP2[頭がぼんやりしているときは]

ぼんやりした頭をしゃきっと切り替えるには、血のめぐりをよくするツボ「井穴(せいけつ)」を押すのが効果的です。
手の指それぞれの爪の付け根の左右が「井穴」。ここを反対の手の親指と人差し指でつまむように押します。

STEP3[とにかく疲れているときは]

エネルギーが湧きだすツボは、手のひら中心部の「労宮(ろうきゅう)」。
手で握りこぶしを作ったときに中指が当たる部分です。ここを指先やペンなどでぎゅっと押すと元気が湧いてきます。

まとめ

ツボを押すときは、息を吐きながらゆっくり押します。気持ちのよい痛みがある場所、そこが「ツボ」です。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ