人気のマクロビ食材を食卓に取り入れる方法

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:302
  • ありがとう数:0

はじめに

美と健康に良いマクロビオティック(玄米菜食)
家庭で調理するのは難しそうですが、普段のお料理に簡単に取り入れられるマクロビ食材を御紹介します。

STEP1<b/>【テンペ】</b>

大豆の発酵食品で納豆を固めたような外見ですが納豆のように匂いません。
薄く油を引いたフライパンで5~10分焼くだけ。
シンプルに塩・コショウだけでも良いし、トマトソースなどとあえても。
ローカロリーでタンパク質とイソフラボンが豊富です。

STEP2<b/>【切干大根】</b>

大根を天日干ししたもの。
生の大根より栄養価が高まり食物繊維も豊富です。
ぬるま湯で戻してから使います。
スープのダシにしたり、サラダにしたり、酢の物など色々使えます。
美肌をつくり冷え性にも効きます。

STEP3<b/>【くるま麩】</b>

タンパク質を補う食材として、肉の変わりに使います。
ダシに漬け込んでから油で揚げ、とんかつ風に。
また卵液をつけて焼くとピカタに。
もともとは沖縄料理のチャンプルーに使われる具材でしたので、炒め物とも相性が良いです。

STEP4<b/>【練りごま】</b>

青菜のおひたしに絡めたり、ドレッシングやマヨネーズに混ぜ込んでも使えます。
めんつゆに入れてごまダレを作れば冷やし中華や、しゃぶしゃぶの時に便利です。
良質なタンパク質を含み、ゴマの成分のセサミンが活性酸素の活動を抑えて老化防止に効果があります。
黒ごまと白ごまがありますが、白ごまの方が、やや濃厚な味わいです。

STEP5<b/>【三年番茶】</b>

3年かけて茶葉を熟成させているため、普通の緑茶に比べてカフェインやタンニンなどの刺激物が少ないのが特徴です。
お子様でも安心して飲めます。
ビタミンCが自然な形で摂れカテキンも豊富です。
消化吸収を促進し、身体を内側から温めてくれます。

まとめ

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ