雨の日にズボンや服につく泥はねを防ぐ方法

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:1202
  • ありがとう数:0

はじめに

雨の日に一番困るのは、シミにもなりやすい、ズボンや服についてしまう泥はねではないですか!!
その困る泥はねがつかないようにする方法をお教えします。

STEP1泥はねしない歩き方

・ゆっくり歩くようにする。
・つま先から着地するようにする。
・内またで歩くようにする。

※かかとをあまり上げないように、地面をけらないようにして歩き、
 着地の時は「かかと」からでなく、つま先からするようにする。

STEP2雨の日の靴選び方で泥はねを防ぐ。

●泥はねは、靴の種類も影響する。
 泥はねしにくい靴は、「パンプス」や「バックストラップ」の靴など。
 逆に、泥はねしやすい靴は、「ビーチサンダル」や「ミュール」などがある。

STEP3靴選び+歩き方!!

泥はねを防ぐには、靴と足の「かかと」が固定されていない靴は、
着地の際に地面の泥をはたくので泥はねしやすいが、
「かかと」がしっかり固定されている靴であれば泥はねの影響は少ない。

※内またで歩くことも泥が外側にはねる事になるので、結果泥はねを防ぐことができる。

まとめ

ミュールみたいな「かかと」の浮きやすい靴は避け、ヒールが高めのパンプスを履くようにする。
とにかくかかとを地面から高く上げないように、着地はつま先からする。


参照URL:http://tenki.infoseek.co.jp/topic/20090616/

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ