乳児期の育児費をなんとか安くする方法

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:6399
  • ありがとう数:0

はじめに

無事出産おめでとう!!・・・・・でもこれからが大変。
特に、育児にかかる無駄な出費は少しでも減らしたいもの。
ここでは、どこにでもある代用品を使って、買わずにすむアイデアを紹介します。

STEP1衣類収納ボックスを活用!

Photo by nortso
重ねて収納できる衣類収納ボックス。
この半透明のボックスのみを利用します。

STEP2ベビーベッドとして!

このボックスの内側に、使わなくなった毛布を半分くらいに切ってたたんで敷き、その上から小さめのフリースのひざ掛けなど保温性のあるものをかぶせます。
側面の部分も覆うようにして、外側からゴムひもを使ってずり落ちないように固定します。
これで、とりあえず、寒い時期にも保温効果のあるベビーベッドの役割は果たせます。
持ち運びもできるので、ママの移動するところに一緒に運んで行けます。

STEP3沐浴風呂として!

赤ちゃん専用の沐浴風呂が必要なのは、普通生後1ヶ月程度なので、わざわざ買う必要はありません。
そこで衣類収納ボックスを利用します。
大きさも深さも充分にあるので、ここにお湯を入れて洗ってあげればいいのです。

まとめ

ベビーベッドも、沐浴風呂も、レンタルを利用するという手もあります。
ただ、レンタルをするようなものでもないよお・・・・・と、私は思います。
どうせ家族が増えて、衣類も増えるわけだから収納ボックスを新しく買っても損はありません。



画像クレジット
STEP1:photo by 著者

関連するタグ

必要なもの

衣類収納ボックス

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ