夫婦円満になるお願いをするときの「言い方」

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

例えば日常生活で、やってもらって当たり前と思っていませんか?言い方ひとつで円満になることもあります。

STEP1[お願いをするとき]

例えば、ごみ出し担当の旦那さんに「ごみ出しておいて」と言っている人いませんか?
これはNGな事例なのだそうです。
なぜかというと、”上から目線””出すのが当たり前に聞こえる”から。

そこで言い方を直してみましょう。

STEP2[こういいます]

「ごみ出しておいてもらえるかな」「ごみ出ししてほしいんだけれどできるかな?」
こう変えることで、「おう、できるよ」となるとのこと。

この場合、旦那さんの性格が悪くて「ごみ出せない」「自分でやれば」なんていうパターンは例外としておきます。

”しておいてもらえる?””しておいてほしいのだけれどできる?”という言い方に直すだけで気持ちよくなるようです。

STEP3[ほかにも]

食事を作る気がないとき。
「今日は疲れてしまったんだけど、食事作ってもらえるかな?」といったようにしてもらえると嬉しいといった気持ちを伝えます。
そして作ってもらったら「ありがとう」と言います。

普段あまり言われなれていなくても、「珍しいな」と思いながらもうれしいのだとか。
いつも言い方に気を配っていない人は気をつけてみてはどうでしょうか。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ