人生で自分が本当にやりたいことを見つける方法

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:10770
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by kanekatsuki
自分の本当にやりたいことがわからない。まだ見つからない。まだ決めてない。
そういう人ってたくさんいると思います。

じゃあなんで決めることができないのか、それは大半の人が「勉強が忙しいから・仕事があるから・遊びたいから・要するに考える時間が無いから」とか、「お金がないから・才能がないから・周りの環境が適していないから」などと答えますが、本当に自分がやりたいことを見つけたらこれらのことは問題では無くなります。

なぜなら、本当に自分のやりたいことを見つけたら何に変えてもそれをやりたいという衝動と感動に満たされるからです。

少しでも助けになれば幸いです。

STEP1

Photo by kanekatsuki
できる限り、自分を何もない環境に置きます。勉強、仕事、娯楽、そういった類のものはすべて取り除いて下さい。
やらねばならぬこと、というのを忘れてください。
静かな場所がベストです。

STEP2何もしないでください。何も考えないでください。

ただじっと座るなり横になるなりしていてください。
ここで注意してほしいのは眠っては意味がありません。

STEP3

本当にこれを実践して下さった方にはわかると思いますが、何も考えず、ただじっとしているというのは意外にもものすごく困難なことです。必ずと言っていいほど何かしら考えてしまうものです。

STEP4

何もせず、何も考えていないと、だんだんストレスが溜まってきます。
動きたい、何かを考えたいという衝動に駆られます。ここからが勝負です。

STEP5

ステップ4の衝動が通り過ぎると、全てのことがどうでもよくなります。
普段、自分の趣味や楽しみにしていたものも、なんで楽しみだったんだっけ?
どうしてやっていたんだっけ?と、自問自答するようになります。
ちなみにそれは、自分が本当にやりたいことではないからです。
ここで重要なのは、深くは詮索しないでください。ただ、自分のどうでもいいという
その気持ちを、ありのままに受け入れてください。

STEP6

ある時、気がついたら行動しています。自分の本当にやりたかったことをやっています。今までの自分のどうでもよかった気持ちが嘘のようになくなり、絶対にできる、やってやる!!という確信に変わっています。

まとめ

ここまで読んで下さった方にはもうおわかりだと思いますが、そう、いわゆる「瞑想」ってやつです。

*瞑想・・・目を閉じて静かに考えること。現前の境界を忘れて想像をめぐらすこと。(公辞苑より)

私の場合、オーストラリアに語学留学をした際、ほぼ一ヶ月間、必要最低限のこと以外はこの瞑想に時間を使っていました。そしたらステップ6の現象が起こりました。

オーストラリアのパースの夜は耳鳴りしか聞こえなくなるほど静かになるので、
それがよかったのかもしれません。
ちなみにこれは、NASAの宇宙飛行士がメンタルトレーニングでやっていたことだったりします。

実際に試していない人から見ると笑える話かもしれませんが、
興味のある方は是非やってみてください。
貴重な体験ができますよ。

関連するタグ

必要なもの

・静かな場所 ・やらねばならぬこと、余計なことの除去

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ