さくらんぼのおいしい食べ方

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:421
  • ありがとう数:0

はじめに

今が旬のさくらんぼを知り、美味しく召し上がってみませんか?

STEP1<b/> <改良が重ねられ 食べる『宝石』に> </b>

さくらんぼは「桜桃」の愛称で、正式名所は西洋実桜と言います。
紅色に輝くかわいらしい姿から「赤い宝石」とも呼ばれています。
その品種は1000種を超え、酸味の少ない甘果桜桃、酸味の強い酸果桜桃、甘果・酸果が合わさった雑種の3つに大別されます。
中でも甘果桜桃は古代ギリシャ時代から栽培され、日本には明治時代に海外から苗木が導入されました。
依頼、糖度を高める等の品種改良が進められ、「佐藤錦」を始めとするブランド品が誕生しました。

STEP2<b/> <食べ方と保存法> </b>

旬が短いのでジャムや果実酒などにも使われますが、何といっても生食が一番です。
生での保存が難しく鮮度が落ちやすいので、早めに食べきることをお勧めします。
冷やしすぎるとうまみが失われやすいので、常温で保存すると良いでしょう。

食べる直前にボウルに冷水をはり、さくらんぼをざるに入れ沈め、そっとゆすり洗いしてください。

STEP3<b/> <主な栄養素> </b>

糖質が多いため、エネルギー補給や疲労回復にお勧めです。
微量ながらビタミンやミネラルがバランスよく含まれています。
特に国産のさくらんぼは、老化予防に役立つと言われているカロテンが豊富です。

まとめ

短い旬を逃さずに味わいたいですね♪

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ