すっぱいもので元気になるコツ

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:551
  • ありがとう数:0

はじめに

ビタミンCを沢山摂って、夏バテに負けない体つくりをしましょう!
日焼けがシミになるのを防ぐお手伝いもしてくれます♪

STEP1<b/> <レモン> </b>

キリッとした涼感のある香りが特徴的です。
お肉やお魚料理のマリネ液に加えたり、調理の仕上げに絞ったりと、使い方は色々です。
しぼり汁にお好みの量のお砂糖を入れ、お湯、お水、ソーダなど、お好きなもので割って飲むと、ビタミンが損なわれずに摂取できるので、効果的です。

殺菌・除菌としては、口から摂取した体内の殺菌効果だけでなく、水回りや冷蔵庫の中等、さまざまな場所でお掃除アイテムとしても活用できます。

STEP2<b/> <レモンを沢山摂れる方法> </b>

・はちみつ漬けにして、はちみつレモンを作る。
・レモンの搾り汁とバターを良く混ぜ合わせ、レモンカードを作る。
・レモンの輪切り、生姜スライス、角砂糖、を重ね漬けする。

何といってもそのままミカンのように食べられればベストですが。

STEP3<b/> <ライム> </b>

独特の苦みがあり、レモンよりもスッキリとしていて酸味が強く、レモンのように後味に渋さが残ったりしないのが特徴です。
エスニック風の味付けのお料理に向いています。

カクテルの飾りや隠し味に良く使われます。

STEP4<b/> <ゆず> </b>

レモンやライムと比べると、ミカンやオレンジなどのデザートとしての果物に近いやわらかな酸味と豊かな香りが特徴です。
上品な香りは、和食には欠かせないアイテムとして長年愛用されてきました。
果実を酢のものや鍋物に使うほか、皮も薬味として使います。

7月頃から収穫の始まる青ゆずと、熟して秋ころから出回る黄ゆずがあります。

まとめ

毎日少しずつでも良いので、摂取し続ける事です!

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ