水害避難時の心得

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:440
  • ありがとう数:0

はじめに

いざというときは慌ててしまうものです。でも、いざというときの為に準備と、心得を意識していれば、何も知らないより安心です。

STEP1<b>経路の確認</b>

避難所や避難するときの経路の確認しておきましょう。川の近くや橋を通過したりしませんか?

STEP2<b>情報の収集</b>

天気や災害、避難の情報をいつでも得られるよう、また停電しても正しい情報を得られるように、携帯ラジオの準備をしておきましょう。

STEP3<b>とにかく早く</b>

浸水が始まる前に避難しましょう。電気やガスなどの火元を消して元栓を締めて避難しましょう。迷いやためらいは捨ててとにかく逃げることです。
また非常持出品は最小限にまとめておきましょう。あれも、これもと欲を出してしまうと、避難が遅れてしまいます。

STEP4<b>足元に注意</b>

避難時、側溝やマンホールに注意しましょう。浸水しているときは、道がわかりずらく足をとられてしまいます。逃げやすい靴を履いてください。

STEP5<b>地下は避けます</b>

地下は危険です。地下室が浸水し、逃げ道がなくなってしまいます。

STEP6<b>助け合いの精神で</b>

お年寄りや障がいのあるかたなど避難の手伝いをする。また、車での避難は控えましょう。道に車を置いて避難する際は、鍵をつけたままにしておきましょう。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ