お酢で夏を乗り切る方法

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:545
  • ありがとう数:0

はじめに

本格的に暑くなる前に、お酢の力で免疫をつけて、夏バテ予防、殺菌効果で食中毒予防をしておきましょう!
スーパーなどでよく見かけるお酢の紹介と共に、摂取法のご紹介です。

STEP1<b/> <穀物酢> </b> 

もっともポピュラーなお酢です。
クセがなく、ストレートな酸味が特徴です。
小麦やトウモロコシなどの穀物が主原料です。
そのままでも、加熱しても使える万能酢です。

STEP2<b/> <穀物酢 ~摂取法> </b>

そのまま使う ・酢のもの
       ・漬けダレとして
       ・ドレッシング
       ・ピクルス

加熱して使う ・お肉を煮る時に入れると、お肉がやわらかくなります。
       ・お魚を煮る時に入れると、骨までやわらかくなります。
       ・お魚を煮る時に入れると、臭みが取れます。

STEP3<b/> <米酢> </b>

刺激の少ない丸みのある酸味が特徴です。
和食にお勧めなお酢です。
お米を原料とし、独特の甘い香りがあります。

STEP4<b/> <米酢 ~摂取法> </b>

・すし飯
・魚介のマリネ
・野菜の和え物
・ビネガードリンク(お酢とお砂糖を混ぜ、水やソーダで割ったもの)

STEP5<b/> <黒酢> </b>

旨みとコクが豊かで、酸味はまろやかです。
中華料理のアクセントに使われる事が多いのが黒酢です。
玄米が主原料です。

STEP6<b/> <黒酢 ~摂取法> </b>

・炒めもの
・スープ
・麺類などに少量使うとアクセントになります。
・ニンニクを漬ける
・黒豆を漬ける
・ビネガードリンク(お酢とお砂糖を混ぜ、水やソーダで割ったもの)

まとめ

一度に沢山摂取するよりも、毎日小さじ1杯程を摂取する方が効果的です。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

必要なもの

お好みのお酢・・・適量

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ