貯筋の仕方

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

しなやかな筋肉をつけて、健康を維持する方法です。
ムキムキになる必要は、ないのです。
手軽にできます。

★12年のパーソナルトレーナー経験と管理栄養士の資格を持つ

専門家・今井準先生への非公開質問も可能です


 ●既にOKWAVEに登録している方はこちらから

 https://okwave.jp/profile/u2832928.html?&slp=201803


 ●OKWAVEに新規会員登録をしたのち、質問する方はこちらから

(メールアドレス、Twitter、Facebookのアカウントで登録できます)

 https://okwave.jp/register

STEP1<b/>【年齢とともに】</b>

体力が落ちていくものです。
自然の摂理ですから、仕方がありません。
ただし、鍛え方によって体力を維持できるのです。

STEP2<b/>【筋力をつける】</b>

ハードなスポーツが苦手な人や、高齢の人・障害を持っている人など
座ったままでできる方法があります。
それは、ペットボトルを使った体操です。
ペットボトルに水を入れ、ダンベルにするのです。

STEP3<b/>【体操の仕方】</b>

1、ペットボトルダンベルを胸の前で合わせ、真っ直ぐ横に開いたり閉じたりする。
2、ペットボトルダンベルを上下に上げ下げする。
3、ペットボトルダンベルを胸の前で、前後に動かす。(ボクシングのジャブのように)
4、椅子に膝をつき、ペットボトルダンベルを斜め後ろ方向に上下する。
(引き上げるように)各10回をワンセットにします。

そのほか、お好みの方法を取り入れます。

STEP4<b/>【継続は力なり】</b>

一つ一つの動作をゆっくりと行ないます。
無理せず、できる範囲で続けることが大切です。

500mlのペットボトルに水を半分入れると、250gのダンベルになります。
水の量を調整し、体力にあったダンベルをつくります。

施設などで取り入れると、高齢者や障害のある方の意欲向上につながります。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

必要なもの

ペットボトル2本、水

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ