焼鳥屋さんで出てくるキャベツのタレの作り方

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:19192
  • ありがとう数:0

はじめに

九州は、福岡近辺では、焼鳥屋さんに入り焼鳥を頼むと、焼き鳥が酢ベースのあっさりしたタレが掛かったキャベツのざく切りと一緒に出てきます。

今回、家庭でも使える焼鳥屋さんで出てくるようなキャベツのタレの作り方を紹介します。
キャベツがバリバリ食べられるだけでなく、お肉との相性もぴったりでトマトなど他の野菜にかけてもおいしく食べられます。

STEP1<b>キャベツのタレの作り方</b>

<材料:1回分>
 昆布 約2cm×5cm
 薄口しょうゆ:大さじ2
 酢:大さじ2
 砂糖:ひとつまみ1

<作り方>
昆布以外の上記材料をすべて混ぜた後に、昆布を入れて放置します。10分後以降からタレとして使えるようになります。

※さっぱりとしたタレになりますので、甘味が欲しい時は、砂糖で調整して下さい。
 また、好みに合わせて日本酒を入れたり(この場合、アルコールを飛ばす作業が
 必要)、昆布を昆布茶に換えたり、しょうが、にんにく、ごま油、レモンなど
 の調味料を入れてもよいでしょう。 

STEP2<b>キャベツのタレの使い方</b>

キャベツをざく切りし、タレを垂らして食べます。キャベツに合う、肉料理(鶏もも肉のソテーやオーブン焼き、焼鳥など)に付け合わせて食べると、お肉の合間にお口の中をさっぱりできるキャベツを食べることで、お肉もキャベツももりもり食べることができます。
また、お肉の肉汁とさっぱりしたキャベツのタレが絡まると新しい味が生まれ、更に食欲を増します。

更に、キャベツのタレは、トマトの串切りにもよく合います。

STEP3<b>お取り寄せ可能なキャベツのうまタレ</b>

福岡にある椒房庵(明太子の老舗)というお店では、地元博多の焼鳥屋さんのキャベツのうまタレを通信販売しています。酢ベースのうま味たっぷりの本格タレで、カレーライスや春雨サラダ、唐揚げなどの他の料理にも活躍できるタレです。

ホームページはこちらを参照⇒
http://www.shobo-an.co.jp/products/osusume/umatare/umatare360k/

まとめ

参考にしたサイトのURLはこちら⇒
①キャベツのタレの作り方
http://cookpad.com/recipe/531938

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ