学校の先生になるには☆ 教員免許をとる手段

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:14821
  • ありがとう数:0

はじめに

先生になる方法(教員免許をとるルート)を調べてまとめてみました。

STEP1①世に言う“普通の大学”

4年間、昼間に学校に通うタイプの大学です。
ほとんどの大学で、中学校・高校教諭になるための免許をとれる制度があるので、
そこで免許を取れば、先生になれます。

小学校教諭は、どこの大学にあるわけでもないので、専門の大学学部に行く必要があるようです。

STEP2②短期大学

短大でも教員免許が取れる学校があります。
2年間、1限から5限までみっちり勉強することにはなりますが、
2年間で卒業できる分学費は安くなります。

学校によっては小学校教諭の免許もとれます。

STEP3③夜間の大学

夜間や2部、と言われている大学の課程でも、教員免許がもらえます。
ただ、昼間の授業を取らなきゃいけなかったり、教育実習は絶対に昼間に行くことになりますから、夜の授業だけで免許がもらえる訳ではありません。

STEP4④大学編入

大学に編入しても、教員免許を1かられるところもあるそうです。
ただ、その場合にはなかなか正規の年次通りに卒業できなくなる人も多々あるようです。

STEP5

大学の先生は、教員免許は要りませんが、高度な専門知識や人とは違う特別な経験が必要です。

まとめ

ざっくり教員免許を取るためのルートを調べただけなので、
もしかしたら、これ以上に色々な方法があるのかもしれません。

また、教員免許を取る、ということは、教員採用試験を受けるための資格を得た、というだけなので、確実に先生になれるわけでもありません。

近年、教師は大変人気のある職業で、多くの人が就職浪人していて、何年も教員採用試験を受ける人もいるそうです。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ