カラオケで声を出しやすくする方法

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:17165
  • ありがとう数:0

はじめに

声量がない、声が続かない、それよりも
声が出ない。

最初からいい声を出すのは無理です。
まずは基本をおさえて、声を出しやすく
しましょう。

STEP1<b>重要な腹式呼吸</b>

歌を歌うにあたって、腹式呼吸はもっとも基本的
かつ重要なものです。
鼻から吸ってお腹をふくらますようなイメージ
で行いましょう。

声を出す際にはお腹にためた空気を少しずつ
出していきます。体をマヨネーズの容器に見立てて
ください。少しずつマヨネーズを出していくような
感じで、声を出していきます。

なお、腹式呼吸の詳細については
http://okguide.okwave.jp/guides/57769
をご覧ください。

STEP2<b>顔の位置</b>

顔は上に上げましょう。このスタイルだとマイクに
声が入りやすくなります。

STEP3<b>咽喉の奥</b>

ふだん咽喉の奥を意識することはないでしょう。
咽喉の奥を広げるような感じで歌いましょう。
声が出やすくなります。咽喉の奥が閉じている
と声がそこで阻まれてしまいます。
声量を上げるためには咽喉の奥にも注意を
はらいましょう。

STEP4<b>口の開け方</b>

口はできるだけ大きく開けましょう。
最初のうちは閉じてしまいがちですが、これでは
声が十分に出ません。
口はできるだけ開けるようにしましょう。

STEP5<b>姿勢</b>

背筋はできるだけ伸ばしましょう。
猫背ではけっしていい声は出ません。

まとめ

いい声を出すにはまず腹式呼吸。
十分に息を吸って、できるだけゆっくり吐きだす。
これを繰り返し練習し、吐きだす速度を上げて
いってください。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ