老化を促進する5つの悪い習慣

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:14697
  • ありがとう数:0

はじめに

年を取るのは仕方ないにしても、いつまでも若々しくありたいものです。しかし、普段の何気ない習慣が、老化を促進させてしまうこともあります。

今回、そんな習慣の内、老化を促進させる要因を占めるのが高い習慣を5つ紹介します。

STEP1

STEP2<b>その1:喫煙</b>

たばこのニコチンは、毛細血管を収縮させる機能がある為、皮膚に栄養がいかないで老化を促進してしまいます。また、ビタミンを破壊してしまう機能もあるためシミが出来やすく、更に、女性ホルモンの分泌をおさえ女性らしい肌のツヤや潤い、ハリを失いやすくしてしまいます。

特に女性への影響は如実です。喫煙している方は、まずは本数を減らしていくことから始めてみませんか?

STEP3<b>その2:ストレス</b>

ストレスがたまると、体内にコルチゾールというホルモンや活性酸素が過剰にでてしまい、老化を促進してしまいます。

ストレスをストレスで解消するのではなく、気分転換という名目でストレス解消をしっかりすることが必要です。

STEP4<b>その3:アルコール</b>

体内でアルコールが分解される時に、活性酸素が発生しビタミンなどの栄養素が消費されてしまい、老化を促進してしまいます。

但し、赤ワインに含まれているポリフェノールは、抗酸化作用や血液サラサラ効果などが期待できると言われてる為、アルコールを摂取すること自体が悪いことではありません。適量のアルコールであれば問題ありませんが、飲み過ぎに注意するようにしましょう。

STEP5<b>その4:運動不足</b>

運動不足になることで、成長ホルモンが減少し、老化を促進してしまいます。

適度な運動は、成長ホルモンの分泌を促す効果があり、結果アンチエイジングにつながります。いきなり、ジョギングやジム通いはハードルが高くなりますので、会社ではエスカレーターを使わず階段を使ったり、駅までの道を自転車から歩きにするなど、日常生活から運動を意識するとよいでしょう。

STEP6<b>その5:食品添加物</b>

食品添加物を摂ると、分解する際に体内の酵素が使われるので、体の老化を促進してしまいます。

コンビニなどの出来合いの食事は極力利用せず、手作りご飯を作るように心がけてみましょう。

まとめ

step1~step5で挙げた習慣はいずれも聞いただけで、体によくないイメージの物ばかりですが、なかなか習慣からは抜けられないものです。それぞれの習慣が与える影響を知って、少しずつ普段の生活で意識するところから始めるとよいでしょう。

参考にしたサイトのURLはこちら⇒
http://topics.jp.msn.com/onna_blog/beauty/article.aspx?articleid=550846

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ