歯ぐきの腫れをひかせる方法

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:23203
  • ありがとう数:0

はじめに

すぐに病院に行けない時の対処法

STEP1◆歯茎が痛くなる原因

ほとんどの場合、歯自体ではなく歯茎が痛い時には、腫れが起きています。

その原因としては、
・虫歯がひどくなって、歯茎にまでが到達した
・歯茎に繁殖した菌が悪さをしている
の2点が大きな要素です。

菌の場合は、歯槽膿漏や歯肉炎になっています。

STEP2◆対処法、歯科に行くまで

虫歯がひどくなっている場合は、早く診てもらわないと、歯を抜いて
しまわなければいけなくなってしまいます。
痛み止めの薬を飲んで、早めに歯科に行きましょう。

菌の影響の場合も、ひどくなる前に一度歯科で診てもらってください。
「歯槽膿漏だけでしょ?」と思っても、歯肉炎になり、骨が溶けて
しまうケースもあります。
顎の骨まで溶けてしまうと、老後も大変です。

どうしようもない痛みの場合は、痛み止めを飲んで翌日病院に行きましょう。
薬を飲むまででもない、という場合は、痛みを和らげるツボを押しましょう。
・手の甲の親指と人差し指の骨の付け根の交差しているところ
・手のひら側の中指と薬指の間の根本
・耳たぶのすぐ下
この3点を覚えてください。
歯痛だけでなく、肩こりなどにも効きます。

STEP3◆しばらく様子をみたいときの対処法

今すぐ歯科には行けないので、様子を見ながらいたい、という場合は、
菌を殺していきましょう。

歯は1日何回磨いていますか?
朝昼晩の3回キチンを磨くことと、歯間ブラシで歯の間、歯周ポケット
クリーナーで歯周も掃除しましょう。
こうすることで、雑菌が繁殖するのを防ぎます。
口の渇きを無くすように、水分をしっかり取るようにし、マウスウォッシュ
などで意識的に口をゆすぐようにしましょう。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ