営業マン必見!個人客向け・効果的な電話の仕方

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:14215
  • ありがとう数:0

はじめに

相手が見えない電話は、声や話し方が重要。電話の達人が教える効果的な方法についてご紹介。

STEP1【電話をかける時の基本】

ビジネスで個人客向に電話をする場合、話法集(スクリプト)がありますが、
スクリプトはただの台詞。
台詞に息を吹き込み、相手の気持ちに響く話し方は練習が必要です。
ゆっくりと抑揚をつけ、笑顔で話す事が重要です。
そのため、鏡を置き笑顔を作ってから電話をしましょう。

STEP2【達人の会話法】

電話は相手が見えませんので、声だけで勝負しなければなりません。
アナウンサーではありませんので、一定の速さで正確に話す必要はありません。
むしろ、相手の反応を見ながら聞くことが必要です。
自分が話したいと思うことの半分の量が、適切な長さだと思いましょう。
達人は、ゆっくりと語りかけるように話します。
上手く話すことが目的ではありません。
相手の心に語りかけることが重要です。

STEP3【第三者を効果的に使う】

電話に限りませんが、相手に語りかける時には第三者の影響力を
有効に使いましょう。
”多くの方に喜んでいただいている”
”○○のような方が多く利用していただいている”
など第三者の影響力を上手く会話にはさみます。
そして、相手を否定してはいけません。
必ず相手の会話を受け止めたうえで、自分の伝えたいことを繰り返しましょう。

まとめ

電話は相手が見えない分、スクリプトや鏡などの準備ができます。
電話での話がうまく出来るようになると大変便利です。
自分が電話を受ける立場で考え、相手に語りかけましょう。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ