ネバネバ野菜で元気に夏を過ごす方法

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:962
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by wanona0120
蒸し暑くなるこれからの季節。胃が疲れて食欲も下降気味になりやすい。食べられないから疲れやすくなる。そんなスパイラルから抜け出すための救世主。ネバネバ野菜!!!レシピ2品もご紹介します。

STEP1<b>【ネバネバ野菜の効能】</b>

・胃腸を整える
(消化を助ける)。
・疲労回復。
・お肌のアンチエイジングにも効能を発揮。

ステップ2から、モロヘイヤとオクラを使ったレシピをご紹介します。

STEP2<b>【ネバネバ野菜とこんにゃくの餃子】</b>

Photo by wanona0120
下準備:モロヘイヤは、茎が硬い場合は歯だけを使います。
    オクラは、表面の産毛が多ければ、塩でこすって取り除きます。

(1)糸こんにゃくを長さ1センチに切り、シイタケはみじん切りにします。
 フライパンにゴマ油を熱し、糸こんにゃく、シイタケを入れて、醤油を加えて中火でさっと炒めます。バットにとって冷まします。
(2)モロヘイヤと下手と取り除いたオクラを粗みじん切りにして、調味料Aと(1)を一緒にボールに入れ、混ぜあわせて餃子のタネを作ります。
☆タネは混ぜるほど粘りが増して、まとまりやすくなります。
(3)・タネを餃子の皮で包む。→・フライパンでサラダ油を熱し、皮のつなぎ目のヒダヒダを上にして餃子を並べる。→少し焦げ目がついたら、湯約100ccを加えてふたをし強めの中火で蒸し焼きにする。→水分がほとんどなくなったらふたを取り、皮がカリッとなるまで焼く。

餃子の加熱時間は、6~7分。
シンプルな具材ですが、にんにくが効いていて食べ応えありです。
野菜の粘り気が独特の食感です。
★しっかり焼き目をつけること。香ばしい仕上がりになります。
★定番の、醤油・酢・ラー油をつけて召し上がれ。

STEP3<b>【ネバネバ野菜のニンニク風味醤油スパゲティ】</b>

Photo by wanona0120
(下準備)モロヘイヤはざく切り、オクラは小口切りにします。
    ニンニクはみじん切り、鷹の爪は輪切りにして種を除いておきます。
    しめじは子房に分けておきます。
(1)冷たいままのフライパンにオリーブオイルとみじん切りにしたニンニクを入れ、ニンニクが少し色づくまで弱火で炒めます。鷹の爪としめじを加え、中火にします。
☆ニンニクは、風味を引き出すため、熱していない油に入れ、じっくり弱火で炒めるのがポイントです。
(2)しめじの香りが立ってきたら、モロヘイヤとオクラを入れ、醤油で味付けをします。
(3)塩を入れた熱湯でスパゲッティを表示より1分短く茹でます。
☆上手なパスタのゆで方『塩の量は、水1リットルに対し、塩大さじ1杯半』
 (ラ・ベットラ・ダ・オチアイ 落合務氏直伝)
(4)フライパンの具に、茹で上がったスパゲッティと、おたま2配分ぐらいの茹で汁を加え、絡める。(和える感じです。炒めてはいけません。)

(2)と(3)は同時進行でOKです。

★パスタは茹で立てが命!
 さっとお皿に盛り、熱々を食べましょう!

まとめ

夏の熱さに対抗するためのもうひとつの秘密兵器、ニンニクも豊富に使っています。
コクのある味わいは、ビールやしっかりした白ワインに合います。
ネバネバ野菜でこの夏は、元気に過ごせること請け合いです。


参照:読売新聞2011年6月8日
画像クレジット[前書き]:
Photoby Okra and a flower http://www.igosso.net/flk/3766005596.html
画像クレジット[ステップ2]:
Photoby jasonlam http://www.igosso.net/flk/3615915314.html
画像クレジット[ステップ3]:
Photoby Dottie Mae http://www.igosso.net/flk/5187385409.html

必要なもの

[ネバネバ野菜とこんにゃくの餃子] モロヘイヤ(葉の部分)…100g オクラ…5本 糸こんにゃく…80g 生シイタケ…4個 ごま油…小さじ2 醤油…大さじ1 餃子の皮…20枚  白すりごま…大さじ1  ショウガのすりおろし…小さじ1  ニンニクのすりおろし、しょうゆ、コショウ、塩…各少々 [ネバネバ野菜野にんにく風味しょうゆスパゲッティ] モロヘイヤ(葉の部分)…100g オクラ…5本 しめじ…1パック ニンニク2かけ オリーブオイル…大さじ2杯 しょうゆ…大さじ1 塩…適量 スパゲッティ…200g

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ