節電のためにお風呂のお湯を効率的に入れる方法

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:13873
  • ありがとう数:0

はじめに

お湯から?水から?どうすれば一番効率的なのでしょうか。

STEP1[冬と夏では違います]

一番効率的なのは、お湯を直接入れる方法。
なので、冬はお湯を直接入れた方が節電になります。

それとは逆に、夏は昼に水をはっておきます。
すると昼間から夜にかけて自然と水の温度が上がるので夜に沸かせば節電になります。

STEP2[こんな利点も]

夏は冬の設定温度から見直してみましょう。
冬は高めに設定して熱いお湯に入りたいものですが、夏はぬるめで大丈夫。

だからこそ昼に水を入れておくといったテクニックが有効になります。

STEP3[シャワーがお得?]

シャワーがお得という声もあります。
実際、15分までなら風呂よりシャワーです。
例えば3人家族だったら1人5分以内の計算になります。
ただし、疲れがとれないのも事実。

お風呂だとお湯をためておいて残り湯を使うこともできます。
毎日シャワーだと疲れてしまうのでその日に応じて使い分けるといいでしょう。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ